上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第12話「命がけの使者」

なんだかどんどん景虎が黒くなっている!
これは景虎の最期が後味悪くないように悪人に描いているのでしょうか・・・
「御館」に移った景虎軍。
ここは前関東管領上杉憲政の住んでいたところです。(ドラマでは言ってませんが)
憲政は、元は長尾景虎だった謙信に「関東管領」職と「上杉」の家名を譲った人です。
謙信が「景勝には越後を。景虎には関東管領を」と願っていた説もありますし、謙信もそれなりの敬意を払っていた人物でした。
景虎はその憲政を頼るかたちで御館に陣を張ったのですね(無理やりという説もあるらしい)



仙桃院と話していたのは誰だろう?と思ってタイトルロールを見たら「北条高広」(新井康弘)とありました。
ああ、人質になった景虎に従ってきた北条(ほうじょう)の家来か・・と思ったら全然違いました(恥)
「北条」書いて「きたじょう」と読み、元は謙信に仕えた勇将でした!

「きたじょう家」大江広元を祖とする毛利家の流れをくむ由緒正しき家柄です。
(武田家に内応したり、小田原北条氏についたりしてもまた上杉に戻っている不思議な人)


今回武田勝頼が初登場。
この御館の乱の勝敗を決めるキーパーソンですね。
この御館の乱に関わったことが武田家滅亡を呼んだとされているとか。

この頃武田は(小田原)北条氏と同盟を結んでいたの本来景虎軍の応援をするはずだったのです。
景虎側についた越後の諸将は、実家北条と武田の援軍を期待していた。

でも「兼続の力?」で景勝側についたので(このあたりは次回放送)形勢が逆転に・・・

このことで北条を敵にまわしてしまった武田氏。
北条は徳川と手を結んだので両方が敵となり国境線が長くなって守りきれなくなった・・・

今回、桑取の衆を味方につけるために景虎がお金だけ送ってきたとありましたが、景勝軍の武田勝頼との同盟には黄金が大きくモノをいったようです。

桑取の長がどうしてあっさり説得されたのか不思議でした。
最初に話もちゃんと聞いていないし、母親の言葉だけですぐ納得しちゃったのかあ・・・

兼続が帰ってこない館で、景勝以外の人はあまり心配してないみたいにみえました。
特に父惣右衛門。

誰か「もう少し兼続を信じて待ちましょう」と言うのかと思いました。

白米のおにぎりもまずは兼続に渡すべきかと。
(殿が食べないと家来は食べられないのか)

まだまだ御館の乱は続きます。
関連記事

コメント - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。