ひさしぶりに全編観ました。
来週は「御館の乱」だそうで、いよいよ景勝対景虎ですね。

御館の乱についての予備知識は上越市・天地人のページがわかりやすいです。

また天地人歴史案内所さんでは各回の歴史背景などが語られていて勉強になります。

さて、「二人の養子」の回。いきなり樋口一族が黒になってました・・・(苦笑)
もともと上杉謙信が遺言を残さず急死したのに、「後継ぎは景勝」ということになっているんですね。
血筋からいったら「景勝」だと思いますが、人気は「景虎」だったのでしょうか?

今回の話だと上杉景虎に同情しちゃいます。

景虎が北条家と繋がっているとか言われてましたが、氏康の代になって同盟は破棄されてしまっっているはず。いわば景虎は北条から見捨てられたのです。だけど上杉謙信は見捨てなかった。
だからこそ「上杉」の一員になるべくがんばってきたのでしょう。
孤独ですよね景虎は・・

本丸(含む金蔵)を押さえたのが兼続の考えでなく父からの勧めだったとは・・
葬儀を取り仕切って後継者としてのかたちは見せていたのに、やはり景虎を排除しなくてはいけなかったということですか。
これが皆が景虎を後継者として認めていて、兼続が景勝のためになくなく「謀略家」に変わる・・というならわかります
景勝はそこまで強く跡取りになりたいと思っていたのでしょうか?

ドラマではそこらあたりがよくわかりません。
(もともと景勝は感情を表すひとではありませんが)

上越市HPでは景虎のことを「裏切られ続けた悲運の武将」としています。このあとの歴史をみればうなづけます。

さて大河ではどういう描き方になるのでしょうか。


余談・・オープニングで戦国武将が若い女性に人気だと言ってました。
好きな武将は訊かれて「長曽我部」と答えた方、すごく通ですね!
関連記事

コメント 0