上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「天地人」に触発されて戦国時代小説に挑戦しました。

上下巻の長いこの小説は、作者のデビュー作だそうです。

群雲、関ケ原へ〈上巻〉

とても長い本ですが、読みやすかったです。
ただ、戦国時代に知識がないので出てくる武将がどこの誰だかわからなくなります。(苦笑)
「長政」という名前が何人も出てきたり・・
人名一覧と地図をそばに置いて読みたい気分でした。


話は上杉景勝が会津に転封されたところから始まります。
私は会津が秀吉の時代には上杉領だったことも最近知りました(苦笑)
この移封の処理に、石田三成と直江兼続があたり仲良くなったらしい。


主役は一応徳川家康。彼が関が原で石田三成を倒すまでを書いています。
そこに至るまでの多くの武将の視点が挟まれて、それぞれの思惑が関が原へ向かっていくのでした。

この本でいかに「上杉景勝」が全国諸将のあこがれだったかわかりました(笑)
秀吉はもちろん。家康もまたどうしようもなく気になる存在だったようで・・・
「徳川家の石田三成」本多正信も結城秀康(家康次男)も景勝贔屓で関が原後の赦免に奔走したらしい。
関が原後も江戸参勤のたび「家康と戦った男」を見物に来る若い大名がたえなかったとか。


大河の影響で「直江兼続」ばかりが優秀だったように取り上げられてますが、その彼を使いこなしていたのは景勝だったわけで、「上杉謙信」とは違った意味で大物だったと思います。

この本の中で太閤(豊臣秀吉)がいいます

天下を取るには大気、勇気、知恵の三つがなければならない。
だが三つの器量を備えた男は天下にひとりも見あたらぬ。だが二つを兼ね備えた男なら三人いる。

上杉の直江兼続は大気と勇気はあるが知恵はない。
毛利の小早川隆景は大気と知恵はあるが、勇気にかける。
竜造寺の鍋島直茂は勇気と知恵はあるが大気は持ち合わせておらぬようだ。



知恵がなかった男が、あの『直江状』を書けるのかは疑問ですが、「大将の器」ではなく部下としては優秀だったということですね。
三成と知り合ったときのように、本多正信とは米沢移封の処理で仲良くなったらしい。
お互いの長女と二男(養子・直江勝吉として)を結婚させてます。


この本でもうひとつわかったことは、真田幸村(信繁)が一時期上杉家に人質として送られていたこと。
直江兼続と知り合うのはこの頃だったんですね。
父真田昌幸は上田城で徳川秀忠を足止めし、関が原への参戦を遅らせた武将です。
関が原では幸村の兄信幸を東軍に参戦させ家名を残すことを考えたとも言われています。

黒田如水(官兵衛)・長政の親子の動向、毛利家の内部事情や島津義久の決死の退却など
さすがに見所だらけです。東西どちらにつくかということが家を人を狂わせていく怖さ・・
家を残すのか、名を残すのかという選択をせまられた諸将の姿が丁寧に書かれてました。


徳川家康は上杉家同様赦免した島津家について言います。
太閤の出現があと二、三年遅れていたら九州は島津家のものだったかもと家臣に言われて


あの家には武があっても知が足りないのだ
(島津氏の先祖は鎌倉時代に九州に下っているので三百年たって関が原の出陣となったことから)
島津は時々黒い煙をあげる火山があるというが・・次に爆発するのはまた・・三百年ほど経ってからだろうよ


戦国時代にファンが増えているのはわかります。
関連記事

コメント - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。