演劇ユニットアクサルの「11人いる!」大阪公演を年末観てきました。
東京がありますが感想を書かせてもらいます。
(ネタバレありますがご了承ください)
原作萩尾望都の名作漫画「11人いる!」の舞台化で、アクサルとしては再演だそうです。
私は初演を観ていないので比較はできませんが、とても楽しめた作品だったと思います。

初回は手探り状態でした。
でも時間がとても早く感じて、終わった後が気持ちよかったです。
前回の「ワイルドアダプター」は初回がっかりしたし、「ピースメーカー」のときもアラばかり探していた気がするのです。

なんか「批評家」みたいな目で見てしまうというか・・・

「11人いる!」は何度みても「ここがこうだったらいいのに」という感じはなかったです。
(だからといって大絶賛というわけではないのですが・・・苦笑)

フロル(大河元気)・・・
女の子と間違われるという役どころの彼。可愛かったです(笑)黒いストレートヘアーが似合ってました。ピスメのゲストのときも同じ髪型だったような。
原作は金髪の巻き毛ですが、大河くんはこちらがいい。お酒を飲んで酔っ払うシーンは毎回変わっていました。最後は泣き上戸になってたり・・・お酒の銘柄は誰が書いているのかな?「千秋楽」や「望都」もありました。
タダに「手ぇでっかっ」というせりふがありますが、実は彼の手のほうが大きい(笑)
可愛い顔つきとは違って体はしっかり鍛えられているようです。


アマゾン(柄谷吾史)・・・
初演もこの役をされていたそうで。11月から怒涛の外部出演をされていたエース。やっぱり本拠地ではどの出演よりも輝いていました。べらんめぇなせりふがかっこよかった。
大河くんがせりふを忘れたときもちゃんとフォロー?していたし。
試験の後、王様と握手を交わすシーンが好きです。なんだか風格さえ感じられて。
柄谷さんは好青年もヘタレもオトコマエも演じられる人ですね。
いちどとことん悪役とかみてみたい気がします。

バセスカ・王様(林修司)・・・・
林さんは「ファミリア」のときも感じたけれど「孤高の人」を演じたら抜群です。さすが朽木白哉。
「王様」の高貴で横柄なところがすごく出ていました。
原作では「続・11人いる!」に含むバセスカ王の苦悩を夢として織り込むことで、最後の笑顔が生きてきました。アマゾンとの会話は「大人同士」という感じでした。
ゲストコーナーで、ゲスト(およびトト)にいじられる王様がカワイイ(笑)
機械の知識についてはあまりないごようす・・・

石頭(田中照人)・・・
ボス猿の田中さんが出演するのとしないのでは、団結力が違う気がします。
劇中タダの父の声を担当してましたが、まさにアクサルのパパ!(母は柄谷さん?)
舞台でもみんなを見守っている感があって安心できました。
足がしびれて動けないシーンは「ひとり芝居」を思わせる熱演!

四世(古川貴生)・・・
ふんいきからいくとヌーかもしれませんが、陽気で王様に従うフォースは合ってました。
「貴族っていっても服はユニクロで・・」「家は四畳半で」とか毎回せりふを変えていました。
そのせりふでチャコに「ユニクロ貴族!」とか言われちゃう。
王様に呆れ顔でみられても楽しく話すフォースが好きです。

ヌー(松木賢三)・・・・
この役のために3キロ落としたという松木さん。髪もショートにしてなりきってました。
「メニール・・」とフロルにかぶせるように声をかけるところ神秘的です。
酔っ払って笑い上戸になったり、フロルのシーツ巻きつけシーンにこっそりどきっとしてたりお茶目なところもありました。

ガンガ(山本健史)・・・
体型を大きく見せるために厚着してたようでした。「あんちゃん」らしい大きな役でした。
感電するシーンで思い切り落ちていたような・・
自己紹介するときの名前すごく難しくありませんか?舌をかみそうな名前ばかり。特にガンガ・・

赤鼻(田倉伸紘)・・・
こういう役もできるんだ・・と感心しました。

トト(田渕法明)・・・
フロルもできる人だと思います。でもトトは彼しかできないかなとも思いました。
皆がトトの提案に従い爆弾を外すことに決めたときトトは王様に
「今は植物が太陽に向かって葉や茎を伸ばすように、上へ向かって手を伸ばしましょう。ぼく・・王様のこと尊敬してますよ・・」と告げます。これはオリジナルですが王様に気持ちが救われてよかったです。
フロルが伝染病に感染しているとわかって皆でリタイヤすることに決めたときトトは思い切り泣いてました。
器用になんでも出来る役者さんだと思います。W・Aのときももったいないと思いました。

チャコ(八百谷匡洋)・・
お兄さん方と肩を並べて熱演でした。ちょっとせりふが聞き取りにくいところもありましたが。

教官(吉谷光太郎)・・・
せりふがはっきりと聞こえるのは吉谷さんが一番でした。それだけ声の出し方がしっかりしているということですね。前説もされていて12人目として存在感ありました。

演出としては白い布を使って場面転換・感情の波などを表し、青とオレンジの照明で過去と現在を分けるなど吉谷さんらしいものでした。自分の役だけではなく出入りが激しいので演じるのが大変なのはいつもの通り・・・役者さんは本当にお疲れさまです。

「フロルのシーツ巻きつけシーン」ではどこまでが台本なのかわかりませんが、トトが「お楽しみはなしかよっ」と性格変わっていました。
アマゾンが注射嫌いで逃げ回っていたり、室温を告げる声にエコーがかかっていたり小ネタ満載でした。

タダ(加藤巨樹)・・・・
初めての主役です。難しいといえば難しい役でした。終演の後、大河くんと並んで中央で頭を下げる姿を見て、「やっぱり主役」だと思いました。
封印された過去がよみがえってくるシーン、せつなかったです。
特に父母を呼び続けるところはしぼりだすような声でした。
フロルに「俺の星に来いよ、僕と結婚すればいい」というところ「ちょっと残念かな、いやずいぶん残念」というところ。こういう甘いシーンではまじめすぎる気がするのはなぜでしょうね。
加藤さんの高い声のせいなのか・・・
でも「主役」という重みに耐えてがんばってきたのがよくわかりました。
そのぶん他の人ほど自由にできなかったというか遊びがなかったのかもしれません。


この舞台確かにタダとフロルが中心の話ですが、王様をはじめ全員のドラマでした。

最初の布をもっての群舞が長すぎるとか、音楽と重なるとせりふが聞き取れないとかちょっとひっかりはありました。
日替わりゲストの出演の意味はなんだったのかとか・・・・楽しかったですけど全然からみのない人もいて不思議でした。

今回客演がフロル大河元気くんと王様林修司さんでした。
王様は初演も客演で入谷啓介さんでした。
劇団ではなく、演劇ユニットなのだからそのときどきで合った役者さんを呼ぶのは普通かもしれませんが、王様は重要な役なのでアクサルメンバーでやってほしかったなあと思いました。
熊渕くんが加入したのにこの公演やカレンダーほか消息が出てこないのも寂しいです。

年末という時期のせいか会場の熱気が千秋楽以外淋しかったですね。
物品販売もひまそうだったし・・・あっ大河くんのカードが売り切れだったとか。
大河ファンの若い子が少なかった気がしましたがさすがです。
個人売りは売上が気になるところですね。

くじ写真は魔物に魅入られてしまい散財しました(反省)
大河ファンに写真をあげられなくて残念でした。(前回は終演後会場の表にいっぱいいらした)

次はなんとシアタードラマシティ・・・・・!
一度だけ行った事があります。
大きすぎて見えません。チケット代高い。ABCホールでよかったのに。


そしていつも思うこと・・・東京公演を観たい!
練り直した舞台をもういちど大阪で見せて欲しい・・・



※この公演にアクサルを抜けられた日ノ西さんが観にこられていたようです。
それも内藤悠一さんと一緒に。
内藤さんは私がアクサルファンになるきっかけとなった「最遊記」で八戒をされていたかたです。
大学を卒業されて演劇の世界から去られたのです。
初演ではヌーをされていたとか。背の高い内藤さんに似合っていたと思います。
今も切れてなかったことに感動しています。
関連記事

コメント 3

seiya  2009, 01. 12 (Mon) 01:04

OSK バージョン

御訪問ありがとうございました。

OSKバージョンの「11人いる!」
キャストを考えてみました。

編集 | 返信 |  

なつ  2009, 01. 11 (Sun) 09:11

No title

王様は本当にラブリーでしたv
加藤さんが知らなかったら絶対ファンになってます(笑)

加藤さんは力が入っていたのかもしれません。
東京公演の感想などを読ませてもらうと、フロルとの関係がずいぶん甘くなっているようす・・・
「ファミリア」でも「11人いる!」でも相手に振り回される役ですね。
これはやっぱり人柄でしょうか。

東京に行きたいっていつも思います。
アクサルはやっているうちにどんどん進化するので・・・

編集 | 返信 |  

華崎  2009, 01. 07 (Wed) 21:47

メカオンチな王様…。み○んのシーン、オリジナルですけど大好きでした(笑)

加藤さん、まじめすぎでしたか…。私は誠実で素敵だと思ってたんですが(>_<)
残念なのは本当に残念そうでしたし…。
若木さん相手でもそう(誠実)思ったので、加藤さんの人柄もあるのかもしれません。

まだ東京公演中なんですよね…。
これから観る友人たちの感想が楽しみです。

編集 | 返信 |