次は「浪花の華」~緒方洪庵事件帳~
2008/11/16(Sun)
NHK土曜時代劇「陽炎の辻~居眠り磐音江戸双紙」もあと1回
前田屋さんと歩く奈緒様、そこへ磐音が走ってきて・・
この予告画像にえっと思ったのは原作読み人ですね。

吉原に泊り込む磐音に、どことなく寂しげなおこんちゃん。
さきにきっぱり「お守りします」と宣言したのだから貴方が迷うことはないんですよ・・といいたくなりました。
昔の許婚のために出羽まで付いていこうとする磐音もどうかと思いますが。
奈緒様とのふすまごしの再会も、前に一度目を合わせてしまっていてはせつなさも半減かも。

お佐紀さんと吉右衛門の仲のよさをだすのはいいけれど、おこんちゃんを用無しのように扱った脚本はよくないです。お佐紀さんはそんな配慮ができない嫁ではないと思うので。

なんか今回はつっかかりたくなる展開ばかりで・・・・
終わるのは寂しいんですけど。


1月3日のスペシャルではもう少しじっくり描いてもらいたいです。

磐音のあとの時代劇は「浪花の華」~緒方洪庵事件帳~だそうで

『舞台は文政年間の大坂。ヘタレな蘭学生緒方章(後の幕末の名医・緒方洪庵)が謎の男装の麗人・左近とともに、浪花の町に渦巻く陰謀を解決する青春痛快ミステリーシリーズ』

とのこと(NHKの紹介)

NHKが「ヘタレ」って使っていいのでしょうか(笑)

主役の緒方に「ケータイ捜査官」の窪田正孝くん
今週末から東映京都撮影所、京都市内ロケに入るのだそうです。
京都での撮影はロケ・セット共に時代劇のふんいきがとてもよくでるので好きです。



関連記事
この記事のURL | テレビドラマ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<篤姫第46回「慶喜救出」 | メイン | STAGEESCAPE 「オフィーリア」@ARTCOMPLEX1928>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://naturalreload.blog77.fc2.com/tb.php/211-70839faf

| メイン |