今朝「噂」と書いた龍馬伝の話
本当になってしまってました!福山雅治さんの坂本龍馬ですってvv


平日の昼間にもかかわらず若いお嬢さんたちがホールにあふれてました・・・
主演が馬場徹・大河元気くんということでいきなり物販コーナーに長蛇の列でしたv
劇団ひまわりなのに(すみません)写真セットがどんどん売れている!

アクサル1のキラキラ王子田渕くんもここでは列をながめるばかり・・
(夕方の回は田倉さんのヘルプもあり盛況でしたが)



お芝居はミュージカルです。
伴奏が生のオーケストラでした。
美しい照明・効果ですごく原作に忠実な仕上がりとなっていました。

いかにも「劇団ひまわり」という感じ(どんな感じなのか?)
そう、学校の芸術鑑賞で見るお芝居という感じなのでした。

文句のつけようがないんですね。

主役のお二人はミュージカルテニスの王子様とかにも出られているようですが
テニミュメンバーの中では歌がうまいと評判なのではないでしょうか。

この舞台でも美しい声を聞かせてくれています。
特に馬場くんはいい声ですね。

♪ 許して欲しい 僕のこと  今、僕にできるせいいっぱいのこと~ ♪

と歌いだすたびせつない気持ちになりました。

他の出演者(子役さんも)の方々もとてもうまいです。

全然ぶれたところがない。

最後にカムパネラがいなくなって、ジョパンニが名前を呼ぶところ
周りから鼻をすする声が聞こえてました。


それだけに・・緊張しっぱなしで観ていると疲れるというか・・私が元気くんや馬場くんのファンならもっと楽しい笑顔のみえる芝居が見たいんじゃないかと思います。


私の泣き所はジョパンニが同級生からからかわれてひとりで歌うところでした。
父が遠くに行ったっきりで母が病気。彼は朝は新聞配達、放課後は活字拾いをしています。
忙しくて幼なじみのカンパネルラともゆっくり話せず、他の友人たちには父のことでからかわれる毎日。
ケンタウル祭にも友人たちに誘われることなくひとりでした。
両親のために働くことはつらくないけどせめてカンパネルラと話したい。

♪ もし叶うならどんなにいいだろう ♪

あの頃に戻れたら星をながめたい・・・でも無理だ。・・と泣くように歌う・・・

親しい人を失うより、親しい人がいるのにひとりであることのほうが悲しいです。


劇中、「存在しているということは誰かが知っていてくれること」という意味のせりふがありました。
仮面ライダー電王でも「過去の時間は人びとの記憶だ」という設定でした。


カムパネルラのお母さんは亡くなっているのでしょうか?
お母さんに謝っているようだったけれどよくわかりませんでした。
銀河鉄道は神の元に運ぶ乗り物のようなのですが・・(沈没した船に乗っていた姉弟が乗ってきた)

宮澤賢治の原作を読みましたが、意味がわかりませんでした(苦笑)


夕方の部と2回観た方が多かったのではないでしょうか?
物品購入の列が昼間と全然違いました(笑)

アクサルメンバーの古川さん・吉谷さんは公演後にロビーに出てきてくださってDVDやチケットの販売促進しておられました。
先行ネット予約はすぐに売り切れ、抽選予約には落選したのにまだまだチケットがあるとは!!
残っている席が先に買ったものより良いのはなぜ?
ひまわりチケットセンターはよくわかりません。
(前回で懲りたはずなのに、やっぱりあせって購入した私もわたしですが)

夕方に売り切れとなった「11人いる」のポスター。
買わせていただきました。
サインもいただいてすごくラッキーでした。

この公演を吉谷さん・古川さんを目当てで見に行った人はどれほどいるのでしょうか?

もらったチラシがいつもと違って若い男の子のものばかりでした(笑)



関連記事

コメント 0