幕末は演劇界でも流行なのでしょうか?
東京ですが、こういう案内を見つけました。



作・演出 カニリカ
2009年4月15日(水)~19日(日)
池袋 あうるすぽっと

【ストーリー】
幕末から明治維新を駆け抜け”偉大なる明治”の礎を作った四人の政治家、
大鳥圭介、榎本武揚、陸奥宗光、山縣有朋、
そして元新撰組隊士で警視官の斎藤一。
彼ら五人が一堂に集められた謎の二日間があった。
それは、明治九年三月、廃刀令の施行直前。
五稜郭に出るという「土方歳三の亡霊を退治せよ」という命が下されたのだ・・・。

大鳥圭介・・・萩野崇

榎本武揚・・・弓削智久

斎藤 一 ・・・出合正幸

山縣有朋・・・高根研一(Studio Life)

================================

陸奥宗光・・・吉村崇(平成ノブシコブシ)

土方歳三の亡霊・・・徳井健太(平成ノブシコブシ)


土方さんが亡霊です(苦笑)

昨年演劇ユニットAxle(アクサル)のやった「新選組異聞・PEACEMAKER」がDVDになったので購入しました。
この劇の原作漫画が、私の中の新選組像かもしれません。

関連記事

コメント 0