NHK大河ドラマ「篤姫」
2008/10/13(Mon)
第42回「薩長同盟」

いやあ、やっと生身の長州人が出ました!(笑)
長崎で薩摩名義で銃を買い、長州に引き渡すという商談に、伊藤俊輔・井上聞多が同席。
名前が出てました。

そして薩長同盟といえば桂小五郎。
スズキジュンペイさんって誰?(すみません)
このあと出番はなさそうですね。

大久保さんって薩長同盟のとき同席してたっけ?


押しかけ女房になったお琴さん(原田夏希)、龍馬を助けたお龍さん(市川実日子)
京都のおなごはんは強いです。

幕末の志士は意外とヘタレなのか、強い京のおなごに引かれてカップル多数です。
本妻への道は難しいとはいえ、一番長い時間を過ごせたり、子どもを産んだり濃い時間を過ごせた方も多いです。



勧行院(和宮母)さんが亡くなりました。
原作で、篤姫が『同じ故郷を遠く離れて嫁いでも宮さんにはそばに母上がついている』とうらやましがるところがあり、なるほどと思ったものです。
最期までそばにいられた和宮さまはまだ幸せだったのです。



「母ならば笑って送り出す」と決めた天璋院を冷たいと思う和宮。
溝はやはり嫁・姑の立場の違いでしょうか・・・
いとしい男をとりあう女の戦いとも言えますが(苦笑)

来週で家茂(松田翔太)さまとはお別れのようで・・
大奥を出るとき、見詰め合う家茂と和宮をせつなく感じたのはこの未来を知っていたから・・

掘北さんはうまいですねえ
関連記事
この記事のURL | 大河ドラマ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<「バラガキ」が舞台に | メイン | 大阪城とNHK大阪>>
コメント
- Aki_1031さん -
高杉晋作って結局長州内での活躍だったので、京都が舞台のときは全然ダメですね(寂)

龍馬に銃をあげたのも、京都行きをしぶる桂の背を押したのも高杉なのに・・・

小松瑛太と玉木龍馬さん、どちらもオナゴに頭が上がらない様子(笑)女性に振り回されるところはのだめと同じかも・・・

2008/10/14 14:13  | URL | なつ #-[ 編集]
-  -
俊輔と聞多がいましたよねっ。
でもやはりどこまでも晋作はスルー…(泣笑)。

随分若々しい木戸っちも気になりましたが(笑)、
とりあえず小松瑛太と玉木龍馬が揃うと
Sオケのノリになるので、それだけが楽しかった「薩長同盟」でしたね(苦笑)。
2008/10/14 13:36  | URL | Aki_1031 #IPctb5GI[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://naturalreload.blog77.fc2.com/tb.php/196-d1760f85

| メイン |