江戸時代小説はやわかり
2007/05/31(Thu)
居眠り磐音シリーズを読んでいると、江戸時代のことが知りたくなります。
実在していた人も多く登場していて、史実とは違うと思いつつどういう人か確認してしまいます。

吉原のこともつい調べてみたり・・・・

でも時代小説作家さんてこういうことのくり返しなんですね。
まあ少しくらい時代考証が間違っていても私は気付かないですが(苦笑)

佐伯泰英さんはこのシリーズだけでなくほかにも完結してないシリーズを書いていて、

  「居眠り磐音シリーズは書き飛ばしすぎ。
   池波正太郎や藤沢周平のような深みがない。」

と言う人もいます。


面白くなければ売れないと思うので、やっぱり今求められる作家さんなのでしょう。
私個人は字が大きいのが嬉しいですね。
これも年配層を狙った戦略かもしれません(笑)

図書館で「江戸時代小説はやわかり」という本を借りました。


江戸朱引内の切絵図が多数載っていて、南北奉行所の場所とか三大道場とか
コラムとともに小説に良く出てくる場所を紹介しています。
また風俗を描いた浮世絵とか、貨幣の種類とか知識講座もあって楽しめました。

一枚ものではなく本なので、場所のつながりがわかりにくいですが
どこかにあれば買いたいと思いました。

以前ここで書いた江戸・明治・現代重ね地図のソフトをある時代小説ファンの方が買われたとブログで読みました。
この方佐伯泰英を70冊以上読んでらっしゃいます。
(それだけ刊行されているんですね!)

それによると

 磐音が住む金兵衛長屋(江東区常盤町一丁目)から両国広小路の今津屋まで
 (中央区東日本橋二丁目)まで1.6キロ

 北割下水の柳次郎宅(墨田区本所)まで2.8キロ
 南割下水の武左衛門宅(墨田区亀沢町)まで1.8キロ

とのことです。昔の人は足が強かったのですねえ・・・
ちなみの宮戸川は長屋から400メートルで近い職場だったようです。




江戸時代小説はやわかり―江戸の暮らしがよく分かる 江戸時代小説はやわかり―江戸の暮らしがよく分かる
人文社編集部 (2005/12)
人文社

この商品の詳細を見る
関連記事
この記事のURL | 時代小説 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<無月ノ橋/居眠り磐音江戸双紙 11 | メイン | 朝虹の島/居眠り磐音江戸双紙 10>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://naturalreload.blog77.fc2.com/tb.php/13-27047d7c

| メイン |