田中芳樹「アルスラーン戦記」を7巻まで読みました。
読み始めるとサクサク読めておもしろかったです。

私が読んだのは「王都炎上」ではじまり「王都奪還」で終わる第一部
隣国より攻められたパルス国の王子の名がアルスラーン。
彼が仲間たちと共に奪われた王都を取り戻すのが第1部。
アルスラーンの出生の秘密を探す物語でもあります。

14歳の王子アルスラーンは決して強くありません。
自分に力がないことを知っていて、助けてくれる人たちを信じている。
それは身分が違う相手に対しても同じ。
武勇のダリューン、知略のナルサスをはじめ出会う人たちをみなとりこにしてしまいます。

アルスラーンに対する敵は、ルシタニア国ですが、そこにからむ銀仮面卿もなかなか魅力的。
彼の出自はパルスに関係しているのですがここはアニメもあるので内緒で。
この機会に侵攻しようとするまわりの国々とか両親すらアルスラーンには壁になっていきます。

正直、アルスラーンの側近たちは強すぎる!作戦もうまくいきすぎる!(苦笑)
アルスラーンなしで国を作れるんじゃないの?と思ったりします。
でも側近たちはみんな魅力的なので彼らの会話もなかなか楽しいです。


ところでこの物語はまだ完結してません!
14巻が2014年に出たそうですが第2部完結まであと2巻あるらしい・・・
1巻は1986年なので20年くらいかかりそうです。
ガラスの仮面状態ですね・・・

長期にわたるシリーズものは最後に息切れすることが多いような気がします。
居眠り磐音シリーズ(佐伯泰英)はおこんさんと結ばれたところで終わってほしかった。
人気ある作家さんなのでどの出版社も終わらせたがらないのでしょうね。
建築家探偵桜井京介シリーズ(篠田真由美)も最後はグダグダになってしまったし残念なことが多いです。

作家さんにも「勢い」があるのだともいます。
「これを書きたい」という気持ちが盛り上がっているときが一番おもしろいのかも。
年数が経つと他のなにかに書きたい気持ちが移ってしまうのかな。


※アニメは楽しく観ています
 やっぱり映像と声がつくというのはすごいです
 ただ文庫本の表紙イラストのイメージが強くてアニメの画像に違和感がありました


スポンサーサイト

大阪歴史博物館に短刀が展示されています。

「銘・吉光 号 乱藤四郎(みだれとうしろう)」

吉光は鎌倉時代の山城国(京都)の刀工で、短刀の名手らしい。
今、刀剣を主人公にしたPCオンラインゲームが話題となっており、この短刀もそのゲームに出てくるのです。
あまりの問い合わせの多さに博物館側が展示を決定、5月11日までの予定で観られます。
(但し個人蔵のため写真は不可)

実はこのゲームを私もやっております(苦笑)

ざっくりといえば刀剣の名をつけた美形戦士カードを集めるゲームです。

DMM.com  オンラインゲーム

刀の由来をふまえたビジュアルとなっており
土方歳三の刀と言われる和泉守兼定(いずみのかみかねさだ)は左三つ巴をアレンジした紋をつけ青いマントを羽織っている。
沖田総司の愛剣大和守安定(やまとのかみやすさだ)は青いダンダラを着ています。

イラストとボイス、そして歴史・・・テレビゲームみたいにコントローラーを駆使してするものではないこと。
このあたりがユーザーを増やした理由でしょうか。

本屋さんで「刀剣関連本コーナー」ができたり、所蔵する美術館に問い合わせがいったりと
ひそかに(でもないか)話題になってます

さすがに本やグッズを買うまではいってませんが、楽しませてもらっています。

ちなみに私の推し刀は秀吉の刀  「一期一振(いちごひとふり)」です。

昨日はエイプリルフールでした。

企業さんがツイッターやHPで一日だけの楽しい「うそ」をついていました(笑)

私が印象に残ったのはロッテのアイス「爽」にひっかけた

「浴爽(よくそう)」

「爽」のカップそっくりの四角くて青い風呂!

あとはアニメキャラCD制作プロダクション「ツキノ芸能」の新人告知

「天国に一番近いアイドルデビュー!」

新人アイドルはセカンドライフ満喫中のおじいちゃん3人組なのでした。


まじめに楽しいこと考える会社は、社内の雰囲気もよさそうで微笑ましいです。

4月
このブログも丸8年になります。
最近はあまり投稿してないけれどやっぱり帰ってきたい場所です。
大阪ではもう桜が満開です。



今日は多くの会社では入社式ですね。入学式も多いかな・・・

私は社会人になったのが1カ月遅れのため
入社式を経験してないです。

今も少し残念な気持ちです・・・もう何十年も前のことなんですが(苦笑)

「人生回り道もいい経験だよ」と言うのは回り道しないできた人なんじゃないでしょうか。
確かに強い意志があれば学生も仕事もいつでもやり直せる、始められる・・

でも・・15歳は15歳の感性で、20歳は20歳の感性でそのときを生きている
それだけは取り返せない
成人式の振袖みたいなもんですか・・

なんかとりとめない話ですみません
雨に濡れる桜の花をみていろいろ思い出しました。

新しいスーツや制服に身を包んだ皆さんに幸あれ!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。