軍師黒田官兵衛
2014/04/14(Mon)
「播磨分断」


どれほど説いてもやっぱり駄目だったですね。
歴史をあとからみれば織田信長はすごい武将だけれど
この段階では毛利につこうとするのが普通だと思う。

それにしても毛利攻撃のいくさ評定。
黒田官兵衛と家臣たちが最前列とはほかの大名(国守)たちもいい気はしないよね。

櫛橋左京進は小寺の代表?別所だけが名代じゃなかった・・

櫛橋の屋敷に乗り込んで安国寺恵瓊と鉢合わせもすごいし
そこで兄弟げんか(笑)をするのもなあ。
安国寺と左京進を捕えて別所につめよったほうがいいのにと思いました。

秀吉とねねは賢すぎて半兵衛はいらないかも。
「播磨のいくさに信長の援軍を乞いねたみを減らす」
というのは半兵衛の進言でもよかったんじゃないでしょうか。
以前信長から疑われないように踊り狂うというのがありました。
あれもねねでなく、半兵衛の意見ならかっこよかったと思いました。

そういう「作り」はあってもいいのに・・・

なぜか「軍師」の出番が少ないストーリーです。

この記事のURL | 大河ドラマ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
大河ドラマ「三国志」あらすじメモ1~6
2014/04/10(Thu)
このドラマは「三国演義」という物語をもとに作られています。
「正史・三国志」とは違うもので、史実にさまざまな脚色を加えた娯楽大作です。

太閤記や忠臣蔵と同じようにのちの人が作り出した英雄譚ともいえます。

壮大な物語を全95話で描く大河ドラマ
自分の整理のためにあらすじを残します。
この記事のURL | 三国志 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
私的三国志まつり
2014/04/09(Wed)
今、吉川英治版「三国志」を読んでいます。

チャンネル銀河で放送されているドラマ「三国志 Three Kingdoms」と「三国演義」を視聴中
キッズステーションのアニメ「三国志」も観ています。

本・ドラマ・アニメの話の進み具合がまちまちなため、頭が混乱するという困った結果になっています。

それにしても同じような名前が多すぎる!
孫堅(そんけん)の息子が孫権(そんけん)って・・・劉備の部下にも孫乾(そんけん)がいるし。
きっと中国語では微妙に発音がちがうのでしょうね。


※昨日娘の買ってきてくれたバースデーケーキ
 ショートケーキでも誕生日プレートをつけてくれたらしい。ケーキやさんありがとう




この記事のURL | 三国志 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
花まつり
2014/04/08(Tue)
今日は灌仏会。
お釈迦さまの誕生日です。そして私の誕生日。

私はお寺系の幼稚園だったので教室に「4月8日はおしゃかさまのたんじょうび」と書いたポスターがありました!
子ども心にみんな私を祝ってる?とか思ってました(笑)

下の写真は先日行った京都醍醐寺。豊臣秀吉が見たと思われるしだれ桜。
歴史を感じます



この記事のURL | 雑記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
舞台「雷ヶ丘に雪が降る」@大阪芸術創造館
2014/04/07(Mon)
Rooter×ASSH コラボ公演「雷ヶ丘に雪が降る」12時の部を観てきました。

興味のある方のみお読みください
この記事のURL | 映画・舞台 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
大河ドラマ「軍師 黒田官兵衛」
2014/04/01(Tue)
第12回「人質長寿丸」第13回「小寺はまだか」

感想は書いてないのですがまだみております(苦笑)
視聴率が15パーセントあたりとあの「天地人」より低いとは驚きです。
「播磨の黒田官兵衛」の知名度が「越後の直江兼続」より低いのか?



歴史ブロガーさんたちの多くが“感想を書きようがない”と言われており私も同感です・・・

見ていると「ああここ、ちょっと違うんじゃないの」と気になっても全体的に同じ波長なのでもういいか・・・
と思ってしまう。



この記事のURL | 大河ドラマ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |