いまのきもち
2011/04/24(Sun)
大阪・造幣局で行なわれた桜の通り抜け会場で集められた募金は約1200万円だったそうです。
私もわずかながら協力しましたが、それほどの金額になっているとは思いませんでした。


この記事のURL | 雑記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
なごりの桜
2011/04/21(Thu)




読売新聞の「編集手帳」で紹介された歌です。

『震災歌集』(中央公論社) 長谷川 櫂

<かりそめに死者二万人などといふなかれ 親あり子あり はらからあるを>

<被爆しつつ放水をせし自衛官 その名はしらず記憶にとどめよ>

<顔見せぬ菅宰相はかなしけれ 一億二千万人のみなし子>


大阪造幣局の桜の通り抜けが最終日でした。
季節は動いています。

でも震災でそれを感じる余裕もない方々がたくさんいます。

報道を見ていても取り上げ方によって全然印象が違うと感じます。

識者の考えは素晴らしいけど結局「言ってる」だけ
議事堂の中の人はその「考え」さえないみたい

『議員報酬を全員返上して復興財源のたしにしよう』とか言う人はいないのかな


この記事のURL | 雑記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「あかり」  ワカバ
2011/04/15(Fri)
関西のニュース番組でプロモーションビデオと共に紹介されていた「あかり」という曲

本来は年々増える自殺対策を実施している内閣府「いのち支える(自殺対策)プロジェクト」のキャンペーンソングです。

 泣きたくて でも泣けなくて
 いまひとりぼっちのあなたへ
 ちゃんと伝えたいんだ そばにいたいよ


震災が起こった今の日本の多くの人を勇気づける歌詞だとも聞こえます。

歌うのはワカバ。メンバー全員が介護福祉士の資格をもってらっしゃるそうです。

PVはこちら

または 「donation music音楽で寄付」のページ(こちらで有料ダウンロードできます)で見れます。


フクシマの方々は天災から受けた傷より、人から受けた傷のほうが大きい気がします。
このシンプルなアニメに泣かされました

みんなが優しさを忘れませんように・・
この記事のURL | 雑記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
高杉晋作の命日
2011/04/14(Thu)
昨夜の「歴史秘話ヒストリア」で取り上げられたように今日は高杉晋作の命日です。

番組は駆け足で晋作の人生を追っており、物足りなかった。
まあ「めいわくな奴」だったことは事実ですね(苦笑)

でも「運」を持っていたんですねえ。
長州藩だったこと、吉田松陰に出会えたこと、先輩・友人に恵まれたこと・・・
唯一病にかかったことが無念だったでしょうが
維新後の「奇兵隊」や「新政府」をみなかったことは幸運だったのかもしれません。

この記事のURL | 雑記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
大阪城の春
2011/04/12(Tue)




大阪城は天守が復興されて80周年です。

日曜日は花見客であふれていました。

あまりの人出に疲れたのか風邪をひいてしまいました(単なる年か・・)

肩がこり、のどが痛いです(>_<)

この記事のURL | 雑記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
甘露の雨
2011/04/08(Fri)
今日は「花まつり」~お釈迦様の誕生日です。

仏生会(ぶっしょうえ)、灌仏会(かんぶつえ)、降誕会(こうたんえ)などが本来の名称です。




お釈迦様は、今から2500年ほど前、 ヒマラヤ山脈南麓の釈迦国の王子として生まれました

生まれてすぐにお釈迦様が東へ7歩を歩み、右手を天に掲げ『天上天下唯我独尊(意味:我は世界のうちで最もすぐれた者である)』と言ったといわれています。


それを聞いた天に住む竜が甘露の雨を降らしたらしい・・・


関西では昼ごろから雨になるようです。

咲き始めた桜にはかがやきを
蕾の桜にはうるおいを
与えてくれる甘露の雨になればいいですね

この雨は私の誕生日も祝ってくれていることにしましょう




この記事のURL | 雑記 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
OSK日本歌劇団「春のおどり」@大阪松竹座
2011/04/05(Tue)
初日昼の部に行きました。

オープニングの「桜咲く国」でなぜか涙が止まらなかったです。

ああ自分は「癒し」が欲しかったんだなあと思いました。

今の東日本の状況を受けて、遠い場所に普通に生活しているつもりでした。
でも私も知らず知らずの内に落ち込んでいたんだなあ・・・と。

この記事のURL | 映画・舞台 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |