とうとう発表されました、高杉晋作の配役


伊勢谷友介(いせやゆうすけ)


身長180センチ&オトコマエな晋作(笑)

伊勢谷さんは最近「あしたのジョー」の映画化で力石徹をやることで話題でした。

私の中では「はちみ&クローバー」の森田忍役でしょうか。

とりあえず、晋作が登場することが決まってよかった!

最近見ていない「龍馬伝」ですが晋作が出る回はちゃんと見ようと思います。
スポンサーサイト

今日テレビのミニ番組「偉人散歩」で「容保桜(かたもりさくら)」を紹介していました。

京都府庁旧本館でヤマザクラとオオシマザクラの両方の性質を持つ珍しい桜が見つかり

発見者で桜守の佐野藤右衛門さん(81)が、幕末に府庁がある場所に屋敷を構えた京都守護職の松平容保(まつだいらかたもり)にちなみ、「容保桜」と命名したとのこと。


京都新聞3月2日


幕末に、藩祖保科正之の家訓を守り京都守護職に就き、苦悩のうちに京都を追われた容保公の名がまた京都に帰る・・

命名には、御子孫のかたの了解も得られ、案内板の除幕式には会津市長からのメッセージも読まれたらしい。


桜だけが会津藩の姿を見ていたのでしょうね。


続きを読む

五月雨(さみだれ)って梅雨のころの雨なんですね・・・

意外と意味を知らずに使っていることが多いです(苦笑)

なんだかとても眠いんです。

春眠はもう過ぎたと思いますが・・五月病?

新入生じゃないって(笑)


ところで土曜日にやっていた「龍馬暗殺」の特番肩すかしでしたね。

堺雅人さんが出ていて期待していたのに、残念でした。

いろんな資料のつぎはぎだし、CMのあとの繰り返しが多くてうんざりするし
龍馬ファンでない私でも知っていることばかりでした。

でも、今年の「龍馬効果」は過去のどの大河ドラマよりも大きいのではないかと思いました。

本来、「五月晴れ」とは『梅雨の間の晴れ間』をいうらしいです。

最近ではすがすがしい晴天という意味で使われていますね。

ご無沙汰してました。

引越をして一ヶ月。

なんだか落ち着かず、日常生活と家が馴染んでない感じです。

本も読んでいないしテレビドラマも集中して見られません。

ブログも放置しっぱなしでした。


ぼちぼち(=少しずつ)動いていかんとなあ・・


とまずはブログを再開してみました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。