金曜日の夜にもういちど見てきました。
真ん中の席だったので前の回で見られなかったところも見れました。 続きを読む

朝からどしゃぶりの雨でしたが、大阪松竹座の前には待ち合わせのご婦人方がいっぱいでした。
初めてレヴューを見ました。 続きを読む

なんかやる気のおこらない日がありませんか?
仕事や学校に行かなくてはいけない方には申し訳ないと思いつつ
家事が手につかない
何をしても気が晴れない、うまく行かない日があります。


そういうときは本を読む気にもならず、DVDに見たいものがなく
気分を変えるために美容院に向かえば財布にお金が入ってなくて
取りに戻って店に行くと雨なのにすごく混んでいてやっぱり帰ってしまったり・・・・・

忙しい方にはすごくぜいたくな悩みですよね。

そう思うから余計めいるんですけれど・・・・


春のドラマも2回目になってしまうのに何も書けなくて。

「オトコマエ」はさわやかでいい感じでした。
「風の果て」と違って福士さんも斉藤さんも等身大で演じているようで・・・

「Around40」はちょっとつらかったです。
「結婚しない男」はそれなりに見れたのに、こっちは痛々しい気がして。
どなたかのブログで「女性は共感の世界で成り立つ」と書かれていたのが納得できました。
たとえば男性は幼なじみなら相手がどんな職業でも家族があってもなくても
認めてつきあえるらしい。
でも女性は結婚している、子どもがいる、普通に仕事している、バリバリ仕事しているなど
境遇が違うとなんだかしっくりこなくなるとのこと。

そうかもしれません・・・

なんだか雨のせいでもないのに湿っぽい話でした・・すみません。





前回藩主編をとりあげました。今回は志士編です。
細かい点数表もありますが、最初のカラーページに番付表が載っています。

西方                      東方             

岩倉具視      横綱       西郷隆盛
高杉晋作                吉田松陰


木戸孝允      大関       大村益次郎
三条実美                大久保利通


調所広郷      関脇       村田清風
坂本龍馬                中山忠能


これを見ると明治維新はやはり薩摩・長州の逸材とそれに繋がった公家が起こしたものだとわかります。
そして志士たちが動き、兵を養い、公家に援助することができたのは両藩が裕福だったからでした。
その藩の財政を作り上げた村田清風・調所広郷が上位にあがっているのも当然でしょう。
続きを読む

「銀魂」というアニメが「真選組動乱編」というのに入りました。
登場人物が、とてもかっこいいときと、崩れるときのギャップの激しいアニメです。
(基本ギャグ漫画なのですが・・)

土方歳三と重ねることができる鬼の副長「土方十四郎」
声(中井和哉・・・ONEPIECEゾロ役など)がクールで素敵です。
彼が妖刀の魔力で「へたれ」になる・・・

この序盤で引く方も多いかもです。(私もやや引きました)
でも過去の「銀魂」ではもっと眼をそらす話も多かった(笑)ので
これくらいは普通かもしれません。

「紅桜編」「柳生編」「ミツバ編」など短編作の間にときおりはさまれる長編は
最後に渋くキメることが多いようです。
「動乱編」が何回かわかりませんが最後まで楽しみたいです。

原作ファンのかたには二年で終わってもよかったという声もあるようです。
原作ありのアニメは原作に追いついてしまうという弱点がありますね。

オリジナル結末はたいてい失敗(テニスの王子様・最遊記など)だったと思うので
引き際が大切かもしれません。

原作が続いているのに突然おわった「ヒカルの碁」とかもありますが・・・・
あれは原作もあっさり終わりましたね。
作画小畑健さんは「DETH・NOTE」でも絵のみを担当してます。
原作者と組んで光るひとなのだなあと思いました。
絵がきれいなので最近は文庫本のカバーイラストに起用されましたね。

人間失格 (集英社文庫)

アニメ「ヒカルの碁」で主人公ヒカルの先輩伊角の声をしていたのが鈴村健一さん。
「銀魂」の沖田総悟です。
(ちなみに藤原佐為は千葉進歩さん→近藤勲でした)
仮面ライダー電王のリュウタロスなどでも活躍中で「声優アワード」で表彰されてました。

ケーブルテレビでやっていたアニメ「はちみつ&クローバーⅡ」を見ています。
テレビドラマでやっていたシーンも出てきました(あたりまえ)
でもアニメのほうがおもしろくて、漫画のファンはテレビのほうは見なかっただろうなあと思いました。

アニメの真山巧の声がどこかで聞いたことあるのにわからなくて・・・
調べたら銀さん(杉田智和さん)でした!!

声優さんの声は七色です。

居眠り磐音シリーズ最新刊が10日発売と双葉社のHPにありました。
読者アンケートも更新されていて、読者が行ってみたい場所1位は「豊後関前藩」でした。


4月7日付け読売新聞の「高校グラフティ」で県立萩高校が取り上げられました。
ちょうど3ヶ月前1月7日に県立会津高校が載ってましたっけ。

会津の藩校は日新館、長州は明倫館です。

明倫館が前身の萩高校は明治3年創立(当時は萩中学校)の歴史がある学校です。
通学路が史跡だらけという校区で、参勤交代を偲び「萩往還(萩と防府を結ぶ道)」40キロを歩く行事もあるそうです。

続きを読む

FA企画(舞台部門)さくらさくらカンパニーさんの舞台を見に行きました。
あさぎさん(ブログ・新選組屯所)のところで紹介されていて、思いのほか近かったので
前日にメールで予約しました(苦笑)

会場は普段練習場かもと思わせるフローリングの小さなところでした。
日曜日の午後で、追加の席を作っても60名ほどでしょうか・・・
早く着いたので一番前で見せていただきました。


  全てを受け入れ全うしたその命は
  後の世までも受け継がれている

  だから

  あなたは思いのまま生きればいい



チラシの言葉です。
サブタイトルの通り「あなた」は土方歳三です。 続きを読む

今日はほとんどの学校で始業式ですね。
うちの娘もゆうべはクラス替えが不安で眠れなかったようです。

で、今日は私の誕生日です。
そうお釈迦様と同じ日(笑)

もうちっとも嬉しくないですけど、学生時代は学年の始まりが年齢の始まりで
それなりに背筋がのびました。

15歳の頃高野悦子さんの日記『二十歳の原点』という本を読んで影響を受けました。
彼女は学生運動が盛んな頃に京都にいた大学生で、日記を残して自殺しました。
高校受験を前に迷う自分と作者とを重ねていたように思います。

小学生の頃、怪人二十面相やシャーロックホームズの児童版を読んだ私は
推理小説のファンになり横溝正史にはまりました。
それからずっと推理小説を中心に読んできた気がします。

篠田真由美、森博嗣、綾辻行人、有栖川有栖など本格ものが好きでした。
高田崇史さんのQEDシリーズもお気に入り。

でもこの一年はあんまり読んでません。
居眠り磐音シリーズにはまり、新選組に興味を持ち、それが幕末へと続いています。

もうすこしこの熱は続きそうです。



フジテレビ系で放送された、さだまさし原作『眉山』を見ました。
主演は常盤貴子さん、その母を富司純子さんでした。

あらすじ
東京で働く咲子は8年前から徳島に住む母龍子の入院を知る
末期ガンの母は余命わずかだ。
母の住む家の押入れから「献体」の同意書と数通の古い手紙を見つける。
それは咲子のいないとされていた『父』からだった。
容態が悪くなった母の病院に東京から咲子の恋人が訪れる。
(相手はどうやら離婚調停中の妻がいるらしい。)
娘をまかせられる存在を知った母は、自らの恋について話すことを決める。
なぜ徳島に来たのか、眉山にどういう思いで見つめてきたかを・・・
阿波踊りの夜、咲子は父と母を会わせることを考える。


原作は昨年、ドラマ化が決まったときに読みましたが、ほとんど忘れてました。
原作では娘の心情を中心に病院の医師との出会いが書かれてましたが、ドラマは「母の恋」をメインとしています。 続きを読む

「幕末に生きた名君&バカ殿100人・志士たち100人を完全分析」という副題でした。
知名度・個人能力・影響力など12の項目で評価しています。

幕末藩主の通知表―八幡和郎が幕末の藩主・志士たち200人を徹底検証! (別冊宝島 1460)


でも「宝島」という性格上からか結構中味は荒っぽいです。
明治維新までの評価なのでやっぱり旧幕府側に厳しいです。 続きを読む

図書館で借りた本です。

龍馬と長州 (山口の歴史シリーズ)龍馬と長州 (山口の歴史シリーズ)
(2007/12/04)
タウン情報YAMAGUCHI編集部

商品詳細を見る


「永久保存版」と銘打ってあるとおり4800円の豪華な本ですが、その値段に見合うだけの多数の写真とわかりやすい文章です。
出版しているのが山口のタウン情報誌をつくっている会社で、過去には月刊「松下村塾」というシリーズもだしています。 続きを読む

あさぎさんのところにあったラブレターシリーズです。
恋文というところが素敵ですね。

新選組!隊士からの恋文

そしてあの方よりいただきました・・・


なつちゃんへ

急にこんな手紙なんか渡しちゃってビックリしたよな。
実は初めて会ったあの日からずっと伝えたい気持ちがあるから、勇気を振り絞って書くな!

初めてなつちゃんと出会ったおたふくでの事、まだ覚えてる?

大事にしてたはずの袖章をうっかり落としちゃって困ってる俺を見かけて、
一緒に探すの手伝ってくれて、すごく嬉しかったんだ。
あの時はさ、緊張しちゃって素っ気ないお礼しか言えなかったけど、
あの時から俺、なつちゃんの事が気になっちゃって・・・。

なつちゃんが山南敬助の事が好きだって事は藤堂平助から聞いてて知ってるけど、
俺の気持ちをどうしても伝えておきたくて・・・。

こんな俺だけど・・・付き合って欲しい!

無理なお願いかもしんないけど、もっともっと頑張って魅力的になるから。
4月5日の18時に御所で待ってるから返事を聞かせて欲しい。

土方歳三より



すごいですねv(うっとり)

これは「新選組!」隊士なので土方歳三といえば山本耕史さん。
私が好きとされている山南敬助といえば堺雅人さん。
どちらも素敵な人です。

山本さんにこれ以上魅力的になられても困りますが・・・
御所には日の高いうちから待ってしまいそうです!! 続きを読む

先日書いた記事の続報が出ていました。
TBSで放送したクイズ番組での正解について会津若松市が訂正を求めていたものです。
(戊辰戦争における若松城の開場の理由→「糞尿の処理に困ったから」というもの)

TBSは31日、番組の担当者が同市の菅家一郎市長を訪れ、「市民の心情に配慮を欠いた」などと謝罪したそうです。
でも番組自体は単発のものだったので、おわびと訂正を「放送」ではできないらしい。
市側は納得していないとのこと。
認識を改めるのはなかなか難しいものです。


さて、長州ブームの私が選んだ本が

全一冊 小説 伊藤博文―幕末青春児 (集英社文庫)


伊藤さんといえば私の中では千円札・初代総理大臣の偉い人・・・でした。

でも高杉晋作・木戸孝允の伝記などを読んでいくと、「周旋屋・俊輔」のイメージのほうが強くなりますね。
続きを読む