感謝
2007/12/31(Mon)
今年もあとわずかとなりました。

今年のはじめは昨年に続いて映画を見ることが多くなり
韓国映画「王の男」のとりこになりました。
試写会の応募が趣味になってあれこれ行かせてもらいました。
一番印象がよかったのは「しゃべれどもしゃべれども」でした。
(原作もよかったです)


ドラマ「華麗なる一族」を見て、山本耕史さんがうまいなあと思いました。
あれこれ感想ブログをめぐってみると、多くは「新選組!」ファンの方で・・・
それが新選組への興味に変わり、いろいろ幕末本を読みました。
ドラマ「燃えよ剣」よかったです。

「居眠り磐音」にであったのも山本さん効果でしょうか。
23巻読みました。
感想も書きました。

演劇も劇団アクサルを中心に見ました。
昨日と今日とは微妙に違うナマの魅力を感じました。

このブログではすべての感想を書けませんでしたが
多くのアクセスをいただいて嬉しかったです。

ありがとうございました。
寒波到来との事、皆様くれぐれもお体大切に、事故のないようにお過ごしください。

来年もよろしくお願いします


この記事のURL | 雑記 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
ファンの気持ち
2007/12/29(Sat)
オダギリさんの結婚は、特別ファンでない私でも、ちょっとショックでした。

筋を通してという姿勢はすごいと思いますが、それは香椎さんに対して誠実だったわけで、ファンにとってはくやしいというかさみしい報告です。

好きな俳優さんの結婚は、ファックスとHPのみの報告で、相手も一般人で写真なしというのが勝手な理想です。

「プライベートはあくまでプライベート、俳優の自分はいままでどおり」というスタンスでいてほしいんですよね。

相手が女優さんでも引退するとか、ひかえめでいてほしい・・・

すごく男尊女卑の考え方だと思うし、ファンとして暖かく見守るというのが本当だとおもうけれど、やっぱり好きだからいつまでも「夢も見させて」ほしいわけです。



山本耕史さんのロマンスは噂でしかないですが
噂でも相手に納得できる人とそうでない人がいるかもです(苦笑)
お相手に失礼とは知りつつ言わせてもらえば、松たかこさん(結婚されましたね!)なら
まだ納得できるかな・・・とか。

でも俳優という仕事は役にのめりこむ人が多いようですし、相手になる方も強い心が必要だと思います。
「情熱大陸」の小栗旬さんも言ってました。
芝居とかに集中していて連絡が取れなかったのに、「会えない」と責められるのは勘弁してくれと。
オンの時間は頼らずに過ごし、オフの時間を受け止める・・・
そういう技量がないとスターのパートナーは無理なのかなと思います。
それはミュージシャンの方にもいえることかもしれません。

ツアーや舞台で一緒に仕事をすると同じ場所で長く過ごせるし、共に作り上げる満足感も共有できる、食事や飲み会の機会も多い。
でも家族はただ待っているだけなんです。

仕事場で知り合って結婚しても、「時間のすれちがい」で別れるカップルは多いです。
結局結婚前に、外で会っているときはいいとこ取りだったから、「生活」ではなかったのでしょう。

新しいカタチの夫婦がでてきても、さいごには「三浦友和・山口百恵」夫妻が理想と言われる・・・
まあ不幸は話題になってしまうけれど、幸せは続いても「普通」なのかも・・・・・
(一番難しいことなのに)







この記事のURL | 雑記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
びっくり!?
2007/12/27(Thu)
山本耕史さんのロマンスとか
オダギリジョーさんが香椎由宇さんと結婚するとか
年末のあわただしいときに
意外な話題が!!

ああでもゆっくり書けないです。

関西では「花ざかりの君たちへ・イケメンパラダイス」の再放送が一気に流れてます。
あらためて楽しくて萌える話だと思いました。

この記事のURL | 雑記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
本が読みたい
2007/12/22(Sat)
今日は冷たい雨でした。
洗濯もお休み、買い物も近場で済ませました。
しかたなく?年賀状の印刷をしました。
掃除はおやすみですv

なんか気持ちだけあせっていて落ち着きません。

本がゆっくり読みたいです。
図書館に予約の本がきているし、なんとか今借りている本を読まなければ!

今朝、朝の番組で山口さんと山本耕史さんが東京を歩くというコーナーやってました。
山本さんの子ども頃済んでいた場所を歩いて、友達の家を突然訪ねたり、
なじみのラーメン屋さんに行ったり・・・
山口さんは山本さんと「新選組!」で初めて会ったけれど「俳優として会ってなくても友達になれた気がする相手」だそうです。
気を使わなくていい相手だと山本さん。
短いコーナーでしたが楽しそうでした。(ちなみにおとといも飲んだとか)

「忠臣蔵」(北大路欣也版)を見終わりました。
王道の話の進め方・エピソード・・安心できる話でした。
岡野役の内野さんが今よりもっと細くて男前で、彼なら大工の娘も惚れるなあと(笑)
ふたりっこで注目され始めたばかりの初々しい姿でした。
このシリーズで得したのは堀部安兵衛役の世良正則さんでしょうか。
高田の馬場の仇討ちにしろ、清水一角との戦いにしろかっこよかったです。
着物も意外と似合い後姿に色気のある人だと思いました。


あと「五稜郭」も「土方歳三最後の一日」も見たいです。
時間がない・・・





この記事のURL | 雑記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
試写会「魍魎の匣」
2007/12/20(Thu)
試写会に当たりまして、映画「魍魎の匣」を見に行きました。
原作はもちろん京極夏彦。

シリーズNO1と言われている作品です。

話はネタバレですので書きませんが、簡単に感想を・・

原作同様「よくわからない」(爆・苦笑)
この記事のURL | 映画・舞台 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
近頃気になること・・・あれこれ
2007/12/11(Tue)
近頃気になるあれこれ・・・・

山本耕史さんが来年舞台をされるそうですね。
「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」こちらでインタビューが見れます。


買い物に行っておもしろいものと出会いました。
カレンダー「2008年 その時歴史が動いた~今に息づくその時あの言葉
表紙の高杉さんに惹かれました。
近藤勇の言葉もあるみたいなのですが、封されていてどんな言葉かはわかりません。

時代劇チャンネルの新年企画で「壬生義士伝」が放送されるとか。
西郷隆盛特集も予定されていて、幕末は人気あるんですね。


桂小五郎HP・松菊庵さんの中のゲーム「激闘!池田屋!!」がなかなかおもしろいです。

ドラマ「五稜郭」はこれから見ます。

「三千で世界の鴉を殺し」というタイトルの本があります。
これがなんと宇宙を舞台のボーイズラブ!
高杉とは全然関係ありません(苦笑)



三千世界の鴉を殺し (13) (新書館ウィングス文庫―Wings novel (121))三千世界の鴉を殺し (13) (新書館ウィングス文庫―Wings novel (121))
(2007/11)
津守 時生

商品詳細を見る


こちらはもっと・・・・

三千世界の烏を殺し (爆男COMICS)三千世界の烏を殺し (爆男COMICS)
(2006/09/25)
松崎 司

商品詳細を見る
この記事のURL | 雑記 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
三千世界の烏を殺し 竹田 真砂子
2007/12/06(Thu)
「三千世界の烏を殺し」竹田真砂子と「高杉晋作」童門冬二を読みました。

三千世界の烏を殺し―高杉晋作と妻政子三千世界の烏を殺し―高杉晋作と妻政子
(1991/03)
竹田 真砂子

商品詳細を見る


疾走の志士 高杉晋作疾走の志士 高杉晋作
(2002/05)
童門 冬二

商品詳細を見る



   ♪三千世界の烏を殺し 主と朝寝がしてみたい

高杉が作った言われる都々逸です。高杉晋作は三味線が引け、粋に遊びまくった人のようです。
でも正妻政子(マサとも)を大事にしていたことは確かなようです。
この記事のURL | 幕末関連 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
忠臣蔵と白虎隊(テレビドラマ)
2007/12/06(Thu)
ご無沙汰でした。
12月になり他の方々のブログもクリスマス&冬仕様となっています。
私も素敵なテンプレートをお借りしてみました。

さて、12月といえば「忠臣蔵」
地元では「忠臣蔵検定」なるものもあったとか。
ケーブルテレビで「忠臣蔵」(1996年CX)を見ました。
なかなか豪華な配役で、正統派ともいえる話の進み方です。

浅野内匠頭(緒方直人)はあくまではかなく、吉良上野介(平幹二朗)は憎らしく描かれてます。
これぞ、日本人がみたい「忠臣蔵」といった感じです。

この記事のURL | テレビドラマ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |