マイ・ブーム③ 大阪夏の陣
2015/07/09(Thu)
また前記事より1カ月過ぎてしまいました(汗)


慶長19年(1614)、豊臣か徳川か、二大勢力がぶつかりあい、戦国時代最後の大合戦「大坂の陣」が繰り広げられました。
今年は夏の陣において大坂城が落城して400年。
昨年よりさまざまなイベントが行われてきました。

そのうちのひとつ「第1回大坂夏の陣歴史検定」が5月31日にあり私も受験しました。

当日会場への電車を乗り間違える!というアクシデント(単なるバカ・笑)にもめげずがんばりました。

結果は今月中旬。
初回だし、3択なので合格者は多そうです・・・

勉強のためあれこれ本を読んでいたら、「徳川家康」(山岡荘八)「城塞」(司馬遼太郎)を読みたくなり
試験後読み始めました。

でも、蒸し暑い梅雨から夏は読書には向いてないですね。


この記事のURL | 戦国時代関連 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
影武者徳川家康 隆慶一郎
2013/12/13(Fri)
今日は本当に寒いです・・・

テレビ東京新春ワイド時代劇の原作を読みました。

影武者徳川家康〈上〉 (新潮文庫)影武者徳川家康〈上〉 (新潮文庫)
(1993/08/31)
隆 慶一郎

商品詳細を見る


文庫で上中下の3冊長いです。
この記事のURL | 戦国時代関連 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
官兵衛の本
2013/10/25(Fri)
竹中半兵衛からの流れで黒田官兵衛本を読みました


稀代の軍師黒田官兵衛(のじぎく文庫)∥播磨学研究所/編∥神戸新聞総合出版センター

「播磨学研究所」は1988年に播磨を総合的に研究し、成果を市民と共有することを目標に発足したらしい。今年で創立25年。
この本は研究所主催の講座をまとめたもの。講師ごとにさまざまな角度から黒田官兵衛を語っています。
「武功夜話」(前野家文書)の前野氏の末裔の方も講師になっています。
地元からの出版ということ安心できる内容です。
ゆかりの地の紹介もあります。

来年の大河ドラマを前に再び講座を企画されていました。
すでに300名定員締切となっているので地元は熱いぞと思いました。




黒田官兵衛(学研M文庫 え-5-12)∥江宮 隆之/[著


姫路時代から亡くなるまで。
最期に如水が長政に天守閣は造るなと遺言
できた天主閣を破却したという話がでてくる
細川家の手紙にでてくるらしいが公式(黒田家譜)にはない
地元の説明にも天守閣は確認されていないとだけでていた
この夏休みには現存する多門櫓公開と官兵衛展があったらしい。
(兵庫県立歴史博物館では12月1日まで「ようこそ姫路城」特別展あり)



今書店では「官兵衛本」がたくさん並んでいます。
いつものことながら過去に出した本の焼き直しとかやめてほしい・・
私は図書館で借りているので損したとまでは思いませんがお金を出したひとはくやしいでしょう。


この記事のURL | 戦国時代関連 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
半兵衛の本
2013/10/24(Thu)
ちょっと連続で読んでみました。

軍師竹中半兵衛(角川文庫)笹沢左保
士、意気に感ず -小説・竹中半兵衛-(春陽文庫)郡 順史
竹中半兵衛(人物文庫 み6-1)三宅 孝太郎
竹中半兵衛(学研M文庫)高橋和島
歴史街道SELECT竹中半兵衛

どれがよかったか?
うーん続けて読んだのでどれがどういう話か覚えてなくて(笑)
この記事のURL | 戦国時代関連 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
半兵衛と官兵衛
2013/09/05(Thu)
来年の大河の話題はいまひとつ盛り上がってないようですね・・
キャストも第3弾まで発表されましたが「龍馬伝」のときのようなワクワクはありません。
私的に岡田官兵衛も谷原半兵衛もイメージが合わなくて。
官兵衛をもう少し悪人もできる役者さんがやってほしかったなあと思います。
半兵衛はもうすこし小柄で細めの人がよかったんじゃあ・・
いやまだ始まってないのに文句ばかりですみません。
高橋一生さんが好きなので「井上九郎右衛門」の登場は気になりますv


秀吉と二兵衛を描いた小説を読みました。

軍師の門 上 (角川文庫)

天主信長 我こそ天下なり (100周年書き下ろし)
この記事のURL | 戦国時代関連 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
長浜へGO
2010/10/14(Thu)



長浜はすでに来年の大河ドラマで盛り上がってます
この記事のURL | 戦国時代関連 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
大河ドラマ「龍馬伝」 第35回
2010/08/30(Mon)
「薩長同盟ぜよ」

今週は高杉晋作が出ていないので特に感想はありません(爆)


弥太郎に「仲介役は龍馬」と言わせる脚本にがっかりでした。
新選組・見廻組両方が狙っているということですか・・・・

桂が龍馬を待って話をするという展開もいやでした。

弥太郎を助けに行くといいはる龍馬にもがっかり。
ちっとも変わってない。

道端で「同盟が成った」と喜び合ってどうする・・・(溜息)

来週は「寺田屋事件」

※池田屋・寺田屋・近江屋・・・結構ややこしくありません?(笑)
 ※今週も百太郎くんは可愛かった。
この記事のURL | 戦国時代関連 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
JR西日本「戦国武将スタンプラリー」
2010/02/13(Sat)
前の記事の写真が横向きになっていてすみません。(クイックしたらやけに大きいし)
どうも携帯から記事を送るのが苦手で・・・(汗)

さて、今日は朝から電車にのりっぱなしでした。
それはこれ↓


戦国武将スタンプラリー
この記事のURL | 戦国時代関連 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
戦国武将シリーズ缶コーヒージョージア
2009/11/07(Sat)
20091107125804
家族がコンビニに寄るというので頼んだら八缶も買ってきた!
ないのは真田幸村と直江兼続
この記事のURL | 戦国時代関連 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
戦国時代人物連想バトン
2009/10/13(Tue)
「伊豆守の江戸屋敷」の豆州さんのところ経由

「己鏡」のびびんばさんより


いただいてきたバトンです。
この記事のURL | 戦国時代関連 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
| メイン |